ママトコかごしま

カテゴリ:日々の活動( 29 )




ストップ川内原発再稼働3.15かごしまパレードに向けて

かごしまLOVE女子メッセージボード作り
やってまーす*\(^o^)/*
鹿児島市 子育て交流館りぼんかんの4階工作の部屋にて
15:00くらいまでやってます。
来れる時間のちょこっと手伝い!メッセージ書き!大募集(^∇^)もちろん男子もOK!
お茶とお菓子も有るよ♪お待ちしてます(^^)
書いて欲しいメッセージが有ればコメントに入れて下さい。
3/15/のストップ川内原発再稼動!3.15かごしまパレードの会場で
みなさんに見ていただきます♪

スタッフ/坂之上
a0218864_11312820.jpg

[PR]



by nonukesmamakago | 2015-03-07 00:00 | 日々の活動

昨年の保養プロジェクトの様子

昨年の保養プロジェクトの様子です。
鹿児島大学教育学部の学生さんにも手伝っていただきました!
毎日線量バッチをつけて暮らしている福島の子どもたち。
かごしま滞在中は、思いっきり外で走り回って、
かごしまの美味しいごはんをたくさん食べて、
楽しい思い出をいっぱい作って欲しい!
そんな気持ちで今年も準備しています!

スタッフ/井上
a0218864_11265248.jpg

a0218864_1127877.jpg

[PR]



by nonukesmamakago | 2015-02-12 01:00 | 日々の活動

第3回保養プロジェクトかごしま

今年も福島から子どもたちを鹿児島に招待します!
今年で3回目のプロジェクト。
こんなに続けてこられたのもご協力いただいた皆さまのおかげです☆
規模は小さくても自分たちでできる範囲で継続していけたらと、
今回も地道に準備を進めています....。
皆さまの暖かいご協力をよろしくお願いいたします!!

スタッフ/井上
a0218864_11223730.jpg

[PR]



by nonukesmamakago | 2015-02-12 00:00 | 日々の活動

第29回 生命のまつり 

今年も開催されます!
a0218864_117457.jpg
第29回 生命のまつり 
11月30日(日)10時〜15時@甲突川左岸ライオンズ広場
有機農業者と消費者が集う1年に1度の歴史あるお祭り!
今年もママトコでブース出店します!
みなさん、ぜひ遊びに来てくださいね☆

ちなみに雨天決行&入場無料ですよー☆
[PR]



by nonukesmamakago | 2014-11-24 11:01 | 日々の活動

第2回保養プロジェクトかごしま、終了しました!

 昨年から準備を進めてきた「第2回保養プロジェクトかごしま」。
たくさんの皆さんのご寄付とご協力により、無事終了いたしました!
本当にありがとうございました。
a0218864_044975.jpg


前回の終了後すぐに反省会を開いて、良かった点、反省点を出し合い、
この1年、準備を進めてきました。

その結果、前回できなかった様々なことができるようになり、
前回の反省でもあったスタッフ一人一人の負担を軽減すること、
を改善することができました。
a0218864_052148.jpg


今回は初の試みとして期間中毎日Facebookへの投稿にチャレンジしました。

ママトコFacebookのアドレスはこちら↓
https://www.facebook.com/mamatocokago

こちらのブログへの投稿はできませんでしたが、今後はチャレンジしたいと思っています。

事務作業はまだまだ残っていますが、
事故なく無事に終了できたこと、本当に感謝です。

また報告会を開催する予定です。

詳細はこちらのブログでもお知らせします。
どうぞよろしくお願いします。

スタッフ  井上
[PR]



by nonukesmamakago | 2014-04-08 00:07 | 日々の活動

新聞掲載されました!

先日3月11日、
草牟田小学校で行われた特別授業の様子が南日本新聞に大きく掲載されました。
a0218864_0151729.jpg

南日本新聞さん本当にありがとうございました!

他にもKTSさんやNHKさんでも当日夕方報道されたようです。
KTSさん、NHKさん本当にありがとうございました!

3月11日だけでなく、すこしでも多く東日本大震災のことがメデイアに取り上げられて、
鹿児島の皆さんに自分事として関心をもってもらえるよう日々頑張って行こうと、
また改めて思いました。

スタッフ/井上
[PR]



by nonukesmamakago | 2014-03-14 00:14 | 日々の活動

特別授業、ようこそ先生!?

3.11 特別授業  「東日本大震災から3年〜今私たちにできることを〜」

草牟田小学校3年生担任の先生からご依頼で
特別授業のゲストティーチャーとして、3年生の子どもたちにお話しをさせていただきました。

私はママトコの活動に参加する前の被災地でのボランティア活動についてのお話しを
15分ほどさせていただきました。
子どもたちの前でお話しするのは初めてで、しかも15分という短い時間の中で、
何が伝えられるか、このお話しを頂いた時からずっと悩んでいました。
同年代のお子さんのいらっしゃるスタッフや自分の子ども時代を思い出しながら
お話しさせていただきました。

当日はメデイアの方も見えてTVや新聞などで報道されました。
ですが、何より子どもたちのまっすぐな瞳に一番緊張しました。

今回の授業は彼女がいなければ成り立たなかったというくらい
支えてくれたスタッフの感想と写真を下記に記載します。

この授業を企画してくださった先生、協力してくださった全ての方、
そして真剣なまなざしで聞いてくれた草牟田小学校の3年生のみんなへ。
本当にありがとうございました!!!

スタッフ/井上

(スタッフの感想です)
草牟田小学校3年生への特別授業の事を、もう少し詳しくお伝えします。

まずは、先生から東日本大震災の話し、写真を見ながらどんな事があったかを聞く。
そして、二人のゲストティーチャーにお話をしてもらいました。
一人目は、宮城県での被災体験。
子供達とのんびり過ごして居たところに地震。たった15分にまとめた生々しい震災の体験談。
かがんだ姿勢から立ちあがれない、歩く様に動く冷蔵庫、とイメージしやすい言葉に
大人も子供も無言で聞く。
どんなにか怖くて寒くて不安だったろう…と言葉に詰まる。
原発事故の影響で戻れない自宅と家族一緒の暮らし。
そして、何より大切なのは子供達なのだ!という愛たっぷりのメッセージ。
と短い時間にたくさんの事を感じました。

そして、二人目はママトコの井上まきさん。
震災の映像を見て受けた衝撃、行かなきゃ!と強い衝動に駆られての初めてのボランティア体験談。
「それまで募金もした事なかった」って、えー!今のまきさんを知っていると本当に驚きました。
それ位変わった震災後。
a0218864_2356272.jpg


石巻でのボランティアで見た事、感じた事。
テントも霜に覆われる寒さの中、テントと寝袋で過ごした事。
a0218864_23572767.jpg


避難所の暮らしを再現した段ボールで区切った畳2畳ほどのスペースや、
実際使ったテントを見せての説明は子供達にもとても分かり易かった様子。
そして、鹿児島でできる事として繋がったママトコの活動。
今年で2回目になる福島からの春の保養の話もあり、
私達ができる事への力強いメッセージも伝わったはず。

二人のお話を聞いて
14:46 その場のみんなで黙祷。

休憩をして、後半は「私達ができる事」を考える時間。
一つの形として、子供達一人一人のメッセージを貼って作った
「春休み鹿児島に保養にくる子達」への「ようこそ」のウェルカムボード。
鹿児島のオススメスポットや美味しい食べ物(かるかん、白熊とか)今流行ってる遊びとか
一人一人ステキなメッセージを書いてくれた!

ゲストティーチャーは、お二人ともよく知っている方達。
でも、今までこんな話を聞く機会もなく私にとってもとてもとても貴重な体験となりました。
純粋でパワフルな3年生の子供達と一緒に、私達大人もたくさんの事を学んで感じて考えた
スペシャルな授業でした。
体験できた3年生は本当に幸せ♪子供達の心に色々な種がまかれた事でしょう。

こんな授業がしたい!と情熱を持ってくださった先生、協力してくださった方々、
皆さんに心から感謝する今日でした。
本当にありがとうございました\(^o^)/ー

スタッフ/坂之上
[PR]



by nonukesmamakago | 2014-03-12 23:29 | 日々の活動

「今、子どもたちのいのちをみつめる」講演会のお知らせ

直前のお知らせで申し訳ありません。
ママトコかごしまではいつもお世話になっています、
ますみクリニックの青山先生の講演会のお知らせです。

※追加情報です
保育はありませんが、お子様連れでもOKだそうです。
ただ畳の部屋ではありませんので、ご了承ください、とのことでした。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
東日本では、いまだ高線量の中に人々の生活があります。
原発の危機は続き、高レベルの汚染水は海に、
放射性物質は空間中に放出されています。
東日本の人々のために、わたしたちは何ができるでしょうか?
避難者の方々は、どんなことに困っているのでしょうか?
鹿児島の子どもたちの給食は大丈夫なのでしょうか?
鹿児島の医師として、
東北・関東からの避難母子や福島からの避難者診療にあたられている青山先生に、
提起していただき、考えます。
 子育て、教育に関心のあられる方ならどなたでも参加できます。
どうぞいらして下さい!

★期 日 2014年2月14日(金)
18:00~18:30  受  付
18:30     開 会
18:40~20:00  講  演
20:00~20:30 意見交換(質疑含)
20:30 閉  会
★場 所 鹿児島市伊敷台小学校・校区公民館2階
    鹿児島市伊敷台4丁目20-1
★参加費 無料
主催 子育てと教育を語り合う会・実行委員会
<問い合わせ先> 代表 村末勇介(伊敷台小教員)  
携帯 090-3070-8465 Email:y-murasue@nifty.com
a0218864_21505030.jpg

[PR]



by nonukesmamakago | 2014-02-12 22:05 | 日々の活動

「福島はいま〜鹿児島から見た福島の暮らし〜」報告

1月19日鹿児島市内で報告会を行いました。
こちらでの告知が遅くなり、申し訳ありませんでした。
また機会がありましたら報告会を行いたいと思います。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
「福島はいま 〜鹿児島から見た福島の暮らし〜」

鹿児島までは届かない福島のママたちのリアルな声が聞きたくて、
福島に暮らすママたちに昨年11月、お会いしてきました。

 東日本大震災からもうすぐ3年を迎えます。
福島のママたち子どもたちは、いまどんな生活を送っているのでしょうか?
食べ物のこと、子育てのこと、家族のこと、学校のことetc….。
様々な悩みを抱えながら子どものため家族のために、懸命に毎日を生きています。
福島に滞在した1週間の間に、「聞いたこと見たこと感じたこと」を
写真を交えてお話ししました。
a0218864_21285032.jpg


参加者の皆さんからは、
「なかなか鹿児島までは伝わってこない、
福島のママたち子どもたちのことのことを知ることができてよかった」
「福島だけでなく、関東のママたち子どもたちも心配」
「鹿児島では忘れられているのではという危機感を感じる」
といった感想をいただきました。
南日本新聞の方が取材に来てくださいました。
後日新聞に記事が掲載されました。
a0218864_2131472.jpg


ママトコかごしまでは、
これからもこのような活動を続けていきたいと思っています。

スタッフ  井上真紀
[PR]



by nonukesmamakago | 2014-02-10 20:55 | 日々の活動

街頭募金活動、ご協力ありがとうございました!

2月9日たくさんの方に参加いただいた街頭募金活動、無事に終了しました。

一緒になって呼びかけてくださった皆さん、本当にありがとうございました!
テスト期間中にも関わらず、2名の大学生の方にも参加していただきました。
わざわざジュースの差し入れを持って来てくださった方もいらっしゃり、
たくさんの方に支えられていることを実感しました。

そして募金をしてくださった皆さん、本当にありがとうございました!
大切に使わせていただきます☆

 夜になって、1通のメールが届きました。
昼間の募金活動でチラシを受け取った方からのメールでした。
保養プロジェクトのボランティア、内容詳しく教えてください、とのこと。
嬉しくて、早速お電話してお話ししたところ
「ボランティアとして参加します」とのお返事をいただきました。

 街頭で道行く人に大声で呼びかける(しかもトラメガで)、ことになるなんて震災前は想像もしなかったけど、とにかく行動しなきゃ、という気持ちだけでいろんなことにチャレンジしてきました。

 大変なことも多いけど、こうして人前に出て自分の気持ちを伝えることで、
同じ気持ちの人とつながれたり、一歩踏み出してもらえたり、
1人ではできないことも誰かと一緒ならできる!と思ってもらえたり、する。
そんな風に広がっていくことを実感できた1日でした。

関わってくださる全ての皆さん、
いつも本当にありがとうございます!

(写真撮り忘れててごめんなさい)
スタッフ 井上
[PR]



by nonukesmamakago | 2014-02-10 20:42 | 日々の活動

ママと子どもたちを放射能から守りたい!2011年3月11日の東日本大震災後、鹿児島の会社員や主婦などが集まってできた非営利の小さな団体です。「鹿児島だからできること」を合言葉に微力ながらも日々奮闘中!
by nonukesmamakago
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

<政治団体、宗教団体の勧誘及び営利目的の物品売買の禁止>

ママトコは、特定の政治団体、宗教団体等との関わりは一切なく、政治的活動、宗教勧誘、営利目的の物品売買等の行為は行っておりません。
最近、震災被害者を狙いボランティア団体を語り勧誘を行う事例が発生しております。
もしそのような話がありましたらすぐにママトコまでお知らせください。

お問い合わせ先
mamatocokago【AT】yahoo.co.jp
※【AT】を@にかえて送信してください。

最新の記事

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

普通の平和な生活を大切に..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧