ママトコかごしま

かごしまでの疎開を考えるお話し会

放射能の不安を抱える東北・関東の方たちに、せめて夏休みの間だけでも、鹿児島で過ごし、心も体も元気になってほしい!!そんな風に思っています。被災地から遠く離れた鹿児島で、私たちができることのひとつとして「疎開受け入れ」を一緒に考えてみませんか?
7月4日(月)19:30から/7月7日(木)10:00から11:30
会場:ボランティアセンター五階小会議室(鹿児島市山下町15番1号)

a0218864_22523266.jpg


ママと子どもを放射能から守りたい・・・そんな思いを持つ鹿児島の主婦や会社員が集まって作った「ママと子どもを放射能から守る会かごしま」。

しかし、「ママトコ」のメンバーも、疎開の受け入れなんてはじめての経験です。「力になりたい!!」と思っても、力不足を、痛感する毎日です。

今回のお話し会のゲストは、25年前に起きたチェルノブイリ原発事故の際に現地の子どもたちの受け入れを経験された、飯田みずほさん。

疎開で、子ども達にどんな変化があらわれるの?私たちにどんなお手伝いができるの?

まずはみんなでお話することから始めましょう!
[PR]



by nonukesmamakago | 2011-06-30 23:26 | おしらせ

ママと子どもたちを放射能から守りたい!2011年3月11日の東日本大震災後、鹿児島の会社員や主婦などが集まってできた非営利の小さな団体です。「鹿児島だからできること」を合言葉に微力ながらも日々奮闘中!
by nonukesmamakago
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

<政治団体、宗教団体の勧誘及び営利目的の物品売買の禁止>

ママトコは、特定の政治団体、宗教団体等との関わりは一切なく、政治的活動、宗教勧誘、営利目的の物品売買等の行為は行っておりません。
最近、震災被害者を狙いボランティア団体を語り勧誘を行う事例が発生しております。
もしそのような話がありましたらすぐにママトコまでお知らせください。

お問い合わせ先
mamatocokago【AT】yahoo.co.jp
※【AT】を@にかえて送信してください。

最新の記事

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

普通の平和な生活を大切に..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧